東京西川のエアー(air)マットレスってどう?

キングカズことサッカーの三浦和良選手がCMで起用されている、東京西川エアー(air)マットレスというものがあります。

 

東京西川は正式名称「西川産業株式会社」という寝具をたくさん取り扱うメーカーが展開しているブランドの、グループ企業のブランドの1つです。たくさんある寝具のラインナップの中で、西川産業ははエアー(air)という高機能マットレスを販売しています。

 

2015年8月27日に、西川産業の社長さんがカンブリア宮殿にも出演してエアーマットレスを紹介していましたね。

 

この東京西川さんがキングカズこと三浦和良さんをCMに起用してairマットレスを売り出している所ですが、気になるのはその性能ですよね?

 

私はこのairマットレスは購入して長期利用してはいないので、本来ならこのマットレスの評価を口にする資格はないのかもしれませんが、東京のデパートで展示されているairマットレスの上に寝そべってみた事はあるという点と、airシリーズのクッションを購入して利用している点から、評価をさせて頂きます。

 

このカズさんが宣伝する東京西川のairマットレスですが・・・

 

「ちょっと薄い」んじゃないかな?と思います。

 

薄いというのはどういう事かというと、床の上に薄い敷布団だけを敷いて寝ると、床の硬さが体にまで伝わってくるあの感触で、とてもじゃないがうつ伏せになったりしては寝る事ができないという、あの床の硬さを実感してしまい兼ねないマットレスの薄さという事です。

 

つまり、マットレスを敷いて利用してもあまりマットレスの効果はなく、利用してもしなくてもたいして大きな違いはないように感じました。あくまでも店頭で試してみての感想なのはご了承下さい。

 

点で体を受けるので確かに腰痛防止などにはいいかもしれませんが・・・肝心の寝心地という点では他の高反発マットレスと比較すると、正直私は西川エアーは微妙かなって思ってしまいました。

 

ただし、airシリーズのクッションですが、これも“お尻や腰が疲れない画期的なクッション”という垂れ込みを信じて購入し、私のパソコン机の座布団として利用しているのですが、正直他のクッションや座布団と同じようにへなってしまい、たいしたリラックス効果を発揮してくれていないのが現状です。

 

私が使っているairシリーズのクッションです。

 

 

そして何よりもこのairシリーズのクッション、お尻が蒸れます!!

 

ずっとそのままだと蒸れるので、利用しない時はこうやって座椅子に立てかけて置いています。単純に私が汗かきなだけかもしれませんが。

 

でも、何と言っても「air」だから風通しも良いのではないかと期待して購入したのですが、普通の座布団と同じように長時間利用しているとお尻の圧力に負けてへなっとなり、そしてジワジワ蒸れてきます。ですから恐らくマットレスの場合も構造は同じなので、似たような結果になると想像されます。

 

西川産業のエアー(air)マットレスはお値段も半端じゃありません!

 

東京西川airマットレスは、点で圧力を受けるという点を押しているみたいですが、それは他のどの高反発マットレスも同じです。それがこのマットレスのメリットになるかというと、そんな事はないでしょう。

 

そして特筆すべきなのが、この東京西川airマットレスの価格です。

 

高い高い・・・!!

 

なんとシングルサイズで88,000円もします。セミダブルサイズになるとまさかの10万円超えの108,000円だし、ダブルサイズともなれば128,000円もするんですよ。しかもこれらの価格は全部“税抜き”価格なので要注意です。

 

マットレスに10万円以上も出せる人は、よっぽどお金持ちの人なんじゃないでしょうか?

 

プロサッカー選手やプロ野球選手がこのようなマットレスを体のケアのために試しに使ってみるのは分かりますが、一般人が購入してみるのには結構リスクがあると私は思います。

 

マットレスを購入するのでしたら、それ単体でしっかりと機能するものを購入した方が長持ちしますし、体へのリラックス効果が期待できますからね。

 

西川産業のエアー(air)マットレスを購入するよりは、モットンなどの高反発マットレスを購入する方がよっぽど賢い買い物でしょう。

Pocket