大谷翔平選手が宣伝するマットレスに関する話をします。

電車広告やテレビCMでプロ野球の大谷翔平選手がマットレスを宣伝しているのを見たことはありますか?

 

大谷翔平選手の印象だけが強く残っていて、「大谷選手が宣伝していたあのマットレス、何て名前だったっけかなー??」と思っている方も少なくないようです。

 

大谷選手が宣伝していたマットレスはAiR』という東京西川のマットレスですね。老舗の寝具会社の発売しているカラフルで表面の形状が凸凹のマットレスです。

 

AiRはプロ野球の大谷翔平選手以外にも、プロサッカー選手のキングカズこと三浦知良選手や、ブラジル代表のネイマール選手をも宣伝起用しているくらいですから、ここからも分かるように東京西川さんは資金力には十分な余裕のある大企業です。

 

そんな東京西川さんが今、Airの宣伝に優先的に起用しているのが、勢いのある大谷翔平選手だという事ですね。

 

大谷翔平選手が使うくらい、AiRは良いマットレスなの?

 

日本人は有名人や権威ある人の発言にめっぽう弱い傾向にありますし、そんな有名な人が使っている商品なら「良い物に違いない」というイメージが勝手に働きます。

 

なので、「大谷翔平選手が使っているマットレス=良いマットレス」という頭になってしまいがちなのですが、ここではマットレスを選ぶ際に賢明な選択をして頂きたいので、実際にこれらのマットレスを全て買った私が知っている情報をシェアしておきますね。

 

まず下記の動画にある通り、確かに『AiR』の宣伝に大谷翔平選手が起用されていますね。

 

 

この『AiR』という商品、とにかく色が派手で目立ちますよね?実はこれは東京西川さんの企業戦略で、そもそも寝具業界というと古臭くてどこも同じような寝具を売っているような印象がありましたから、そこに来て東京西川さん(西川産業さん)がこのど派手なカラフルなマットレスをリリースする事によって、業界内外からの注目を集めようと狙ったわけです。

 

実際に東京西川さんのその作戦は的中し、『AiR』はどんどん売れていきました。

 

ご覧の通り表面が凸凹になっているので、体圧分散をしてくれる機能があります。つまり、肩や腰に優しいマットレスだという事ができるので、日頃から腰痛や肩こりで悩んでいた私は、妻と一緒にこの『Air』を買いに寝具屋に行ったわけでした。

 

しかし、そこで驚きの真相を知る事になります・・・

 

それは、『AiR』は商品としての性能は確かに良いのですが、実は客寄せパンダ的な要素が強く、本当は東京西川さんで一番良いのは『整圧敷きふとん』という商品だという事でした!!『AiR』と『整圧敷布団』はほとんど性能は同じなのですが、若干『整圧敷きふとん』が勝るとの事でした。

 

しかし、やはり見た目の印象が良いので、企業としては『AiR』を看板商品として宣伝に使用するわけですよね。

 

東京西川の店舗の社員さんが仰っていたので間違いありません(;^ω^)

 

そして、私達夫婦は東京西川さんの整圧敷布団を購入したわけですが、その証拠が下記の動画です。右側のベッドマットレスの上に敷いているのが『整圧敷きふとん』で(カバーをかけていますがそうです)、これは今は私と上の息子が寝る際に使用しているマットレスです。

 

 

そして左側の床に置いてあるのが『モットン』という高反発マットレスで、こちらは妻と下の娘が毎日寝ています。

 

では私達夫婦の結論を言うと、腰痛や肩こり持ちの私が毎日『整圧敷きふとん』を使用して快適に過ごせているので、『整圧敷きふとん』が良いマットレスである事は言うまでもありません。そして、それと同等か少し性能の劣る『AiR』もきっと良い商品なのでしょう。

 

そして、授乳中で年中睡眠不足、体中の痛みと戦っている妻が使用する高反発マットレスのモットンも当然良い商品なわけです。

 

むしろ、我が家では妻の方が序列が上ですから、どちらのマットレスが本当に良いと実感しているものなのかは、その点からお察し頂ければと思います・・・(;・∀・)

 

まあ、大手企業がリリースしている看板商品ですから、『AiR』がダメなマットレスであるはずはないんですけどね(;^ω^)

 

なので、実際に使用した事がないので大谷翔平選手が宣伝する『AiR』はイイですよ~とは正直おすすめはできないのですが、やはりネックなのは整圧敷きふとんもAiRも価格がべらぼうに高い!!という事ですね。これがややネックです。

 

まあ、我が家は2人とも腰痛や肩こりがひどかったので、整圧敷きふとんには治療費の意味で投資をしましたが。(整圧敷きふとんを買ったのが、モットンを購入する前だったのがショックですね)

 

夫婦で使用する方はきっとダブルサイズのマットレスを購入するでしょうが、『AiR』も『整圧敷きふとん』もダブルサイズではなんと12万円もしますから、そこはやっぱり大手メーカーの商品だからちょっと高いかなーという印象ですね。シングルサイズでも8万円もします。

 

その点、高反発マットレスのモットンは非常に良心価格です。

 

シングルサイズで3万円台、ダブルサイズでもなんと5万円台です。

 

モットンは良心価格であるにも関わらず、うちでは最も権力のある妻が使用しているほど一番良いと実感している最高級のマットレスなので、一番オススメできるマットレスだという理由も理解して頂けるのではないでしょうか?

 

腰痛や肩こりや背中の痛みで悩んでいる方、あるいは不眠症で悩んでいる方、マットレスの買い替えを検討している方は、ぜひ高反発マットレスのモットンは最優先でチェックしておくことをオススメします。



Pocket