低反発マットレスをおすすめしている業者は疑った方が良い

ご存知の通り、マットレスや敷布団には高反発のものと低反発のものがあり、マットレスに関する知識のない人にとっては、それぞれがどう違うのかなんて区別がつかないものでしょう。

 

高反発マットレスと低反発マットレスでは個人的な好き嫌いはあるかもしれません。

 

しかし、どちらがより医学的な安眠効果や健康上のメリットが得られるかを考えると、これは明らかに高反発マットレスの方に分があるのです。

 

 

低反発マットレスでは腰痛改善効果や快適な睡眠効果は得られない

 

 

結論から言うと、低反発マットレスでは慢性的な腰痛の改善効果や、快適な睡眠を得るという事が期待できません。

 

低反発マットレスで言うと、ショップシャンネルなどで売れているトゥルースリーパーなどが有名ですね。トゥルースリーパーに代表されるように売れている低反発マットレスも各種あるのですが、それでも低反発マットレスは私は否定せざるを得ません。

 

高反発マットレスの効果効能に関してはこちらの記事で詳しく書きましたが、低反発マットレスはその反対で、睡眠時に体がマットレスに沈み込み過ぎるので、自然な寝返りが阻害されてしまうのです。

 

人間が睡眠時に疲労を蓄積しないためには、適度な回数の寝返りが必要不可欠です。その証拠に、寝たきり状態で自力で寝返りができない老人は、足腰に床ずれ(医学的な専門用語では褥瘡(じょくそう)と呼びます)が起きてしまいますよね?

 

私達人間の体は寝返りをする事によって体や骨にかかる体圧を分散し、体のある特定の箇所にだけ体圧がかかり続ける事を防いでくれるのです。

 

これが、低反発マットレスを使う事によって自然な寝返りが阻害されてしまうので、普通のマットレスや敷布団を使っている状態と比較しても、より寝返りが打てない悪い状態へと自らを陥れてしまう事になるのです。

 

「低反発」と聞けば、下記のような無印良品のソファーなどをイメージする方も多いかもしれません。

 

 

これはこれで良いものですし、ふかふかして気持ち良いですよね♪私も以前持っていました。

 

しかし、普段私達が生活している時に使うソファーなどに選ぶべき素材と、夜寝る時のマットレスに選ぶべき素材は全く別の話なのです。

 

日中生活している間は寝返りをする必要はありませんし、同じ体勢を続けて体が痛くなって来たら、自分の意志で体勢を変える事ができるからです。だから、体がぐっと沈み込む上記のようなソファーを利用しても良いわけですし、低反発のマットレスの上でゴロゴロしたって良いのです。

 

しかし、寝ている時はそうはいきません。自然に寝返りができる素材の高反発マットレスを使用しないといけないのです!

 

「なんだかふわふわしている感じがするから、低反発マットレスの方が良さそうだね♪」

 

マットレスに関しての知識がない多くの人がやってしまう間違いが実はこれなのです。

 

ですから寝具に使うマットレスは、低反発マットレスではなくて必ず高反発マットレスを使わないといけません。

 

低反発でも高反発でも、短期間であればさほど違いに気が付かないかもしれませんが、1か月や2か月も連続して使用していると100%その違いが体調に出てくる事になります。

 

人間は人生の1/3を睡眠に使っているわけなのですから、マットレスだけはちゃんとしたものを使うように心がけましょう。

 

マットレスに関する正しい知識のある人であれば、よほどの理由がない限りは高反発マットレスをおすすめするはずです。それでも低反発マットレスをおすすめしてくる人は、疑った方が良いでしょう。

 

⇒ 今売れまくっている高反発マットレスがこちら

 

 

Pocket