腰痛ベルト(コルセット)の使用は一時的に留めましょう。

腰に痛みがあって何も処置をしないと生活に支障が出るような方は腰痛ベルト(コルセット)を使用している方も多いかもしれませんが、腰痛ベルトを使用する際には注意が必要です。

 

もともとコルセットとは、女性のドレスの下に付けて、女性がピンと綺麗な姿勢を保つために使用されていたものですが、腰痛用のコルセットとして腰痛ベルトが使用されるようになりました。確かに腰痛ベルトを着用すると腰が安定するようになりますし、姿勢も自ずと矯正されます。

 

何よりも腰痛ベルトをつけていると腰が安定するので、腰痛に苦しんでいる方は痛みが緩和されて楽になるというメリットがあるのです。

 

しかし、腰痛が酷いからといっていつも腰痛ベルトをまいて、それに頼りきるのはよくありません。

 

本来腰痛ベルトは正しい姿勢を覚えるための道具ですから、それに頼り過ぎてしまう事で、腰痛ベルトを外した時に正しい姿勢をキープできなくなってしまいますから、あくまでも痛みの激しい時や、腰に不安がある時の一時的な利用に留めましょう。

 

長時間腰痛ベルトを使用していると、常に背筋がピーンと伸ばされている格好になるので、腰痛ベルトを巻くことで体の柔軟性が失われてしまい、それが腰を痛めてしまう事にもつながって逆効果です。また、体をしめつけることは血行を阻害する事にもつながるので、長時間の利用は実は体にとって良くないのです。

 

腰痛ベルト(コルセット)を使用する際のもう1つの注意点としては、就寝時には絶対に着用しない事です。長時間の利用は血行を阻害してしまいますから、睡眠中に体をリラックスさせる事ができず、逆に疲れをため込んでしまうからです。

 

ちなみに腰痛ベルトをつける事によって筋肉が落ちると指摘される場合もありますが、短時間の利用であればそのような事はないので大丈夫です。

 

腰痛の原因は腰まわりの筋肉の緊張

 

腰痛がひどくて腰を安定させたい時は、一時的に腰痛ベルトを使って腰を楽にさせてあげるのは構いません。

 

腰痛がひどくて歩く事や座っている事すら困難な場合は、無理をせずに腰痛ベルト(コルセット)を着用した方が良い場合もあります。

 

しかし、だからと言っても長時間の利用はなるべく避けるべきで、適度に腰まわりや体をストレッチさせて動かし、緊張した筋肉から老廃物を排出するように心がけないといけません。そうでないと、腰痛の根本改善にはつながらないからです。

 

なぜなら、腰痛の原因は腰まわりの筋肉の緊張が最大の原因だからです。

 

それは、妊娠してお腹が大きくなった妊婦さんが高い確率で腰痛を発症するメカニズムを考えれば一目瞭然です。

 

妊婦さんも腰痛ベルトの利用は最小限で!

 

妊娠してお腹が大きくなった女性は、本来の体の中心よりも前に重心がくるようになります。背筋を常に反っている状態になるので、腰の筋肉にはそれに耐える力が常に加わっているので、大きな負担が腰まわりにかかっているのです。つまり、筋肉が緊張しているのです。

 

体を反る姿勢が日常的に続き、筋肉が緊張しっ放しになるわけですから、妊婦さんが腰痛を患うのも当然です。

 

妊婦の女性が腰痛を緩和するために腰痛ベルトを巻くことも多いのですが、これもできれば同じ理由で長時間の利用は避けたいところですね。腰痛ベルトに頼るのではなく、背骨を反らして立っている時間をなるべく短くしたり、軽く前屈姿勢を取るよう意識するだけでも、多少は腰痛が改善されてきます。

 

ちなみに、自然分娩で赤ちゃんを産んだ女性は、出産後に骨盤が開くのですが、骨盤が開いたまま元に戻らないと、それもまた体の重心がずれる事につながりますから、結果的に腰痛を招いてしまう事にもなるのです。

 

腰痛ベルトよりも重要なのは腰痛にならない寝具選び!



 

腰痛ベルトで一時的に腰をサポートしてあげる事よりも、根本的に腰痛を治療してあげる事が大切でしょう。

 

多くの人が毎日6~8時間の睡眠をとりますし、人は人生の1/3の時間を寝ている時間に費やしています。この睡眠時間中も、寝たままで筋肉を動かさないと筋肉が緊張してしまいます。

 

睡眠中であろうとも筋肉からは老廃物が排出されますから、睡眠中も筋肉を緊張させないようにしておく必要があるのです。そのため、人間は睡眠中に無意識で寝返りをうつようにできているのです。

 

子供が大人よりも頻繁に寝返りをうちますが、あれは子供が成長過程にあって筋肉細胞の代謝が大人よりも早いからで、より頻繁に寝返りをうつことで筋肉から老廃物を排出させる必要があるからです。

 

「朝起きた時が腰がいちばんつらい」と訴える人が多いのですが、そのような場合は睡眠中に老廃物が排出できていない可能性がありますから、寝具を見直す必要があります。

 

硬すぎる敷布団やマットレスで長時間寝ていると自分の体重で筋肉が圧迫され、血行不良を起こす事がありますし、寝返りが打てずに体液も循環してくれません。うっかりフローリングの床などで寝てしまった際に、起きた時に体がバキバキに痛むのも同じ理由です。従って、硬すぎる寝具は体に良くないのです。

 

また逆に、柔らかすぎる寝具もよくありません。柔らかすぎるマットレスや敷布団では体が寝具に埋もれてしまい、寝返りがうてない状態になるからです。

 

最近ではトゥルースリーパーなどの柔らかい低反発マットレスが話題を集めているのですが、実はこれらの低反発素材の寝具は体が沈み込んでしまって寝返りを阻害するので、本来であれば避けなければいけない寝具だとすら言えるのです。

 

硬すぎず、柔らか過ぎないマットレス選びが大切ですね。


 

おすすめのマットレスの比較記事はこちら↓

⇒人気のマットレスを比較してみました

Pocket